ろう学校の見学

タイトル通り 
サークルで、ろう学校の見学に行ってきました。

幼稚部、小学部を見学しました。
私が幼稚園で働いている時 
注目させたいとき 席に座ってほしい時など
ピアノや歌(手遊び)などを使うことが多く音に頼っていたように思います。
そのあたり どうしてるのかな?という所を見たいと思っていました。
幼稚部では劇の練習、外遊びの様子の見学しましたが・・
そういう場面には出会えませんでした。
劇の練習は 女の子はまじめで上手 男の子は自由気まま 笑
どこでも同じなのね~って感じでした。

小学部、授業中先生は手話を使っていました。
子供たちも声と手話で答えていました。

通級指導があるということは初めて知りました。
普通小学校に通う聴覚障害のある児童がろう学校に来る場合と
ろう学校に先生が普通小学校に出向く場合とがるそう。
先生が出向いて 普通小学校に先生たちと話すことで
聴覚障害への理解がより深まり
配慮すべきことなどがよりわかるということです。

校長先生から
手話を使おうとか、単語がわからないとか・・そんなことよりも
相手の話を聞こうという気持ちが大切。
などなど、良いお話を聞くこともできました。
[PR]
by ha_na_5 | 2007-11-30 08:02 | 手話・・かも
<< オアシス21 ハリーポッター >>